×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ハッカ油の使い方

ハッカ油の使い方は、基本的に洗面器ほどの大きさの水に、 1〜3滴ほど入れれば十分でそのハッカ油水をスプレーしたり タオルを絞ったり、マスクをつけたりします。アトマイザーに 入れて置くと、すぐ使う事が出来るのでおすすめです。

お風呂に入れるときでも、3〜5滴で十分効果があるので 少なめと思われるかもしれませんが、これくらいからハッカ油の使い方を 試してみてください(日本アロマテラピー協会では、全身浴の時の精油の量は 5滴までだそうです。ハッカ油も当然精油なのでこれくらいで十分なんですね)

じつは、ハッカ油は食品添加物の許可を得ているそうで 食べることが出来ます。(混ぜてあるものはダメかもしれませんのでご注意ください)

このようにハッカ油には様々な使い方があるので、20ml1000円前後と それほど安いものではないですが、とても便利だと思うので 一家に一つはおいときたいですね

ハッカ油P 20ml 北見名産 ハッカ油スプレー 10ml ハッカ油 ハッカ油

世界初!日米欧オーガニック三冠王。あのロイヤルタヒチ ノニが登場

ハッカ油の具体的な使い方

・眠気覚まし(車の運転をしている時などによい)

・ストレス解消(アロマ的な感じで使用)

・虫除け(市販の虫除けよりも、成分が分かっている分小さいお子様などにも安心だと  思います。みかんなど柑橘系の皮なども同様の効果があります。)

・殺菌効果(床を水拭きする時に使用するといいです。)

・肩こり解消(こりやだるさの気になる部分に、ハッカ油の原液か濃度の濃いものを  極少量刷り込むように塗る)

・マウスウォッシュ(食用OKなので、ハッカ油水でうがいや口を濯いだりすると  スキッっとして眠気覚ましにもなります。)

・マスク(風邪や花粉症でマスクをする時に、ハッカ油水を少量つけると、  スーッとして呼吸がだいぶ楽になります。この場合はマスクを付けその上から  ハッカ油水をスプレーするといいようです。)

・紅茶(紅茶に1〜2滴入れて、ハッカティーにするそうです。というより  1〜2滴では多そうなので、爪楊枝てちょっとつけるくらいでいいかもしれません)

・おしぼり(除菌効果、殺菌効果があるので、子供の遠足などの時にいいですね)

シャンプーに入れて使っている人もいるみたいです。 トニックシャンプーのようにスキッとしそうですね〜。 加齢臭が気になり始めた、お父様の枕に1滴たらすのもよさそうです。 ハッカ油水をスプレー容器に入れ、鼻をかむときにティッシュにかけると いいそうですよ(花粉症の方はお試しあれ)

ハーブ&アロマ事典―味わう・つくる・香りを楽しむ95種のハーブ

〜ハッカ油の使い方における注意点〜

猫にはペパーミントがダメだそうなので、多分ハッカ油も 苦手だと思います。ハッカ油を使うときには、ご注意ください

・本当に数滴でも効果があるので、1滴からお試しください

・スプレータイプ以外のハッカ油では、中ぶた(ドロッパー)が付いていないものも あるので、その場合は、製油用のドロッパー付き瓶に移し変えて使用するか スポイトなどを利用することをおすすめします。

- ホームページSOS -